しいな 高級栗きんとん専門 オンラインショップ

高級くりきんとん専門オンラインショップ  しいな  >  

栗きんとんの歴史

「福」に歴史あり。

栗きんとんとは

栗きんとんと聞くとおそらく2つのイメージが浮かぶことでしょう。「しいな」の栗きんとんの様な栗と餡で出来たものと、茶巾しぼりの形でおなじみの和菓子。

栗の形を残した、一般的におせち料理としてポピュラーなもの(しいなで扱っているもの)を「栗金団」、茶巾絞りのものを「栗金飩」と言います。

食文化が発達した現代では両方を目にすることができますが、日本列島の東側では「栗金団」が、西では「栗金飩」が有名と言われています。

おせち料理としておなじみの「栗金団」ですが、実は、お茶菓子として通年で召し上がれる“スイーツ”としても、 一級品。それでは「栗金団」が、おせちとして重宝がられるのはなぜでしょうか。

福を呼ぶ縁起物
その理由は、その、縁起のいい鮮やかな黄色の見た目にあります。
「金団」(きんとん)は金の団子もしくは金の布団という意味で、転じて金塊や金の小判などに例えられ商売繁盛・金運・財運をもたらす“福食”として知られています。

今日見られるような栗きんとんになったのは明治時代ごろといわれ、元々「勝ち栗」として古来から縁起のいい食材の一つとされていた栗が、その見た目の美しい色合いから金運を呼ぶものとして、お正月などのめでたい席で供されるようになったとされているのです。

しかし、“福食”だからと言って、お正月にだけしか食べられないのは非常に勿体無いことです。
その芳醇な餡の甘さと、栗そのものの風味を、“幸福を呼ぶお茶菓子”として1年を通して味わっていただきたい。

そんな職人・スタッフの想いから、栗金団だけを扱った専門店「しいな」のウェブショップができました。
一年中、日本全国どこへでも栗本来の味を活かした、手作りの栗きんとんをお届け致します。